第2回労働判例・政策セミナー テーマ・講師

9月8日(木)開催の第2回セミナーの内容を、11月12日(土)までオンデマンドで配信します。
お申し込みは応募フォームから。

 
テーマ:最近の企業の人事労務管理、労働者の意識の変化と働きやすい職場の実現
 新型コロナウイルスの感染拡大等を受け、企業は在宅勤務・テレワークの拡大を図るなど新たな対応をとる一方、労働者の仕事に対する意識も近年大きく変化してきています。こうした変化により企業内では様々なトラブルが生じ、個別労働紛争の増加につながるケースもみられます。
  本セミナーでは、企業の労働問題に詳しい弁護士から、コロナ後の企業の人事労務管理上の注目すべき変化を、「配置転換」、「労働時間管理」、「雇用形態」、「職場環境」といった観点からご報告いただき、トラブルのない働きやすい職場を実現するため、企業、労働組合がとるべき対応を検討します。
 
講師
問題提起-コーディネーター 水町 勇一郎 東京大学社会科学研究所教授
報告者-パネリスト     佐々木 亮 弁護士(旬報法律事務所)
              吉野 公浩 弁護士(石嵜・山中総合法律事務所)

 

問 合 先

公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会(全基連)研修事業本部
住所 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-2 三秀舎ビル6F
電話番号 03-3518-9103
ファックス番号 03-3518-9104
メールアドレス kensyu@zenkiren.com

ページトップへ